読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第66 津和野城

"リフト運行中" ■ 概要 鎌倉時代の地頭、石見吉見氏の居城。戦国時代は大内氏、ついで毛利氏に付いた。現在の遺構は江戸時代の亀井氏のものが多いと考えられる。三本松城とも。 ■ 駐車場 R9 から津和野の大鳥居をくぐって津和野市街へ。津和野高校前 邪魔に…

第75 萩城

"↑↑" ■ 概要 日本海に突き出した形の指月山に吉見氏が櫓を構えたのが始まりとされる。関が原敗北後、毛利輝元が築城。天守は明治時代に破却された。指月城。 ■ 駐車場 萩市街地から城址を目指すと、「観光センター花の江」がある。駐車無料。 // ■ 見て回る …

第71 福山城

"急げ急げ" ■ 概要 関ヶ原の後福島正則が改易となると、当地に入った水野勝成が築城した。いわば最新の近世城郭である。明治に縄張りが縮小され、三の丸に福山駅ができた。 ■ 駐車場 岩国を出たのが2時過ぎ、福山に4時ころ着いた。入場は4時半まで 城の北側…

第73 広島城

"島普請" ■ 概要 毛利輝元築城。郡山城が手狭になったため、太田川三角州の「広い島」に建てられた。明治時代には広島大本営、太平洋戦争では軍司令部が置かれ、原爆で倒壊するまでは日本最古の天守閣を有していた。別名鯉城(りじょう)。 ■ 駐車場 駐車場…

第74 岩国城

"セットで" ■ 概要 関ヶ原後、吉川広家が築城するも、直後の一国一城令により破却。城下町と城を隔てる錦川の錦帯橋も有名。再現天守へはロープウエーが運航している。 ■ 駐車場 錦帯橋のそばの錦川の河川敷に降りていくと バイクは隅に止められる。無料。 /…

第65 月山富田城

"雨風の中" ■ 概要 出雲の難攻不落の山城。伝承では平安時代の築城で、山名氏、戦国時代には尼子氏の居城となった。 ■ 駐車場 道の駅広瀬富田城に到着 // ■ 見て回る 片道20分くらいとのことだが...この雨 隣の歴史資料館へ。「雨風の中ご苦労様です」と言わ…

第72 郡山城

"つるつる" ■ 概要 毛利氏居城。室町時代に築いた砦が始まりで、戦国時代元就が郡山全体を城郭として拡張した。広島城完成まで毛利氏の本拠として機能した。 ■ 駐車場 民俗博物館から上っていくと、広い駐車場雨は上がった 舗装道路が大曲しながらしばらく続…

第64 松江城

"ガリバー" ■ 概要 宍道湖畔に建てられた、日本三大湖城の一。堀尾忠氏が月山富田城に入場し松江藩が成立すると、宍道湖湖畔に築城。 ■ 駐車場 南東角の駐車場の人に聞くと、敷地内に入っていけるらしい。ぬかるんでなくてよかった バイクスタンド用の板まで…

第63 鳥取城

"和洋折衷" ■ 概要 戦国時代の但馬山名氏の築とされる。市街地ではあるが久松山に建てられた山城であり、山名尼子毛利豊臣の激戦地となる。扇御殿跡には明治に西洋館「仁風閣」が建てられた。 ■ 駐車場 お堀沿いに止める。いい天気 // ■ 見て回る 堀を渡って…

第67 津山城

"これは何やぐら?" ■ 概要 1440年ごろ山名教清が鶴山に鶴山城を築く。応仁の乱で一旦廃城となった後、江戸時代はじめに津山藩ができ森忠政が入ると、現在見られる津山城建設が始まり、大規模城郭となった。三大平山城の一つ。 ■ 駐車場 津山文化センターの…

第68 備中松山城

"道は彼に聞け" ■ 概要 1240年に秋庭三郎重信が砦を築いたのが始まりとされる。戦国時代は三村元親により臥牛山全体が巨大要塞となった。日本三大山城の一。 ■ 駐車場 細い道を登っていくと城見橋公園に駐車場がありそこへ停める。 // ■ 見て回る このバスで…

第69 鬼ノ城

"浮世離れ" ■ 概要 飛鳥時代に白村江の戦いに敗れた大和政権によって作られたとされる古代山城。鬼城山の山頂付近を取り囲む形で土塁を中心に城門4箇所、水門6箇所、角楼1箇所が配置されている。一周約2.8km。 ■ 駐車場 「ビジターセンター」の前が駐車場。…

第70 岡山城

"黒い城" ■ 概要 南北朝時代からある城を、宇喜多直家,秀家が改修した。小高い丘に本丸を築き、城下町は岡山と呼ばれるようになった。黒い天守で、別名、烏城(うじょう)。(松本城はからすじょう) ■ 駐車場 駅前の通りを直進した突き当たりにある石山公園…