読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第56 竹田城

"天空の城" ■ 概要 伝承によると、室町時代の但馬国守護山名宗全の築。戦国時代に赤松広秀が石積みの巨大山城として整備。虎臥山には時に霧がかかり、荘厳な景色となる。 ■ 駐車場 細い道をかがっていくと、駐車場有。 それほど混んでいなかった。 // ■ 見て…

第57 篠山城

"歴史博士" ■ 概要 家康の命で松平康重が築城。高石垣で堅固に囲われ、天守は作られなかった。二の丸にあった大書院は昭和19年焼失するも、平成12年に再建。 ■ 駐車場 北側に入っていくと、車用駐車場の脇にあった 無料 // ■ 見て回る 堀を渡って中へ 鉄門跡…

第60 赤穂城

"吉良殿!" ■ 概要 池田長政が当地に赤穂城の前身となる大鷹城を築城。その後浅野氏が入り、赤穂城を築城(1661年)。しかしその後の元禄赤穂事件で開城→討ち入り→改易。明治に破却、戦後大手門本丸門が復元される。 ■ 駐車場 「お城通り」から城へ入っていく…

第55 千早城

"すんません" ■ 概要 鎌倉時代末期に金剛山西側に上赤坂下赤坂城などとともに楠木正成が築城。鎌倉幕府軍の攻城に少数の兵で篭城した千早城の戦いで有名。登山口有料駐車場から石段600段。 ■ 駐車場 千早赤阪村に入ったら雨 ふもとの「まつまさ」に着いたが…

第62 和歌山城

"バイク駐車場整備を!" ■ 概要 豊臣秀長の築城。関が原後に浅野幸長、徳川頼宣が入る。以来紀州徳川家の居城となる。 ■ 駐車場 けやき大通りと本町大通りの交差点についた。 いろいろ調べたがバイク用の駐車場はないっぽい。何台か止まっていたので、一之橋…

第61 高取城

"雪ではござらぬ高取の城" ■ 概要 日本三大山城の一。標高580m の高取山山頂付近に、周囲30kmの縄張りを誇る。白亜の天守と櫓を立て、「巽高取雪かと見れば、雪ではござらぬ土佐の城」と歌われる。100名城巡り一の難関。 ■ 駐車場 R169 から県道へ。まだ上で…

第49 小谷城

"道なき道" ■ 概要 京極氏の家臣だった近江の浅井氏の本拠地たる山城。2011年の大河ドラマは江らしい(浅井三姉妹 淀初江の三女)。日本五大山城の一。 ■ 駐車場 R365の「郡上南」を入る。こちらは戦国歴史資料館。こちらからは車では登れない。 こっちは9時…

第50 彦根城

"ひこにゃん" ■ 概要 井伊直政の遺志をついで家臣の木俣守勝が中心となって築城。完成後は直政の嫡男、井伊直勝(直継)が入場し、幕末まで井伊氏が入る。ちなみに「住人」であるひこにゃんは「国宝彦根城築城400年祭」「井伊直弼と開国150年祭」のマスコット…

第51 安土城

"ゼーット" ■ 概要 織田信長の天下統一のシンボルとして安土山に築城。本能寺の変の後すぐに焼失。近くの観音寺城を見本とした山城で、天主は諸説あるが6~8階であったとされる。 ■ 駐車場 まずはJR安土駅前へ。駅前ロータリーに無料駐車場がある。 // ■ 見…

第52 観音寺城

"RO FUFU ターンパイク" ■ 概要 近江佐々木六角氏の本拠地。きぬがさ山に郭を並べた構造は、国人連合政権たる六角氏の政治体制を反映し、日本最大級の山城であるものの防御性は低かったとされる。 ■ 駐車場 まずは安土城郭資料館で聞いた道順を元に石寺楽市…

第53 二条城

"京の静と動" ■ 概要 室町時代の足利義昭が居城とした「二条城」から、種々の「二条城」が存在した。現在の二条城は家康が築城したもの。大坂冬の陣夏の陣で本営となり、大政奉還の舞台ともなった。世界文化遺産「古都京都の文化財」を構成している。 ■ 駐車…

第54 大阪城

"兵どもが夢のあと" ■ 概要 戦国時代にあった石山本願寺跡地に、豊臣秀吉が築城。大坂冬の陣夏の陣で徳川家康に落城された後、秀忠が再建。戊辰戦争で焼失、現在の天守閣は戦前に作られた世界初のSRC造建造物である。 ■ 駐車場 寝屋川沿いに止められなくも無…

第58 明石城

"喫茶パルコ" ■ 概要 松本から明石へ移封となった小笠原忠真の築城。その後しばらく城主の入れ代わり立ち代わりがあったが、1682年から維新まで越前松平氏の居城となる。現在に至るまで交通の要衝である明石を見守っている。 ■ 駐車場 県立図書館市立図書館…

第59 姫路城

"改修" ■ 概要 南北朝時代の赤松氏の築城とされる。戦国時代に城主となった池田輝政によって改修、その後も明治昭和(太平洋戦争を挟んで行われた)改修を経て現在に至る。一度解体して修復した昭和の大改修から45年、平成の改修が本格的に始まろうとしてい…