第04 弘前城

"岩木山、燃ゆ"

■ 概要

 1611年に津軽為信の子信牧が完成させた。現在の天守は1627年に落雷により焼失したものを1810年に再築したもので、12現存天守の一。桜の名所としても有名である。

■ 駐車場

 追手門通りを走っていたら「利用者用駐輪場」というのがあったのでパッと停める。が、どうも弘前市役所の駐輪場だったようだ。

f:id:win2tokyo:20161011103711j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103714j:plain

 

■ 見て回る

 追手門。菊人形展にむけて準備中。

f:id:win2tokyo:20161011103719j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103722j:plain

 本丸付近は有料。「有料区域」という名前がちょっと風情がない。

f:id:win2tokyo:20161011103724j:plain

 堀の向こうは市役所。やっぱり市役所の駐輪場だったな…

f:id:win2tokyo:20161011103727j:plain

 紅葉がもうすぐ見ごろ。

f:id:win2tokyo:20161011103743j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103746j:plain

 詳しくないので良くわからないが春は桜のトンネルなんだろうか

f:id:win2tokyo:20161011103748j:plain

 杉の大橋を渡って二の丸へ。

f:id:win2tokyo:20161011103829j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103832j:plain

 南内門。

f:id:win2tokyo:20161011103850j:plain

 無造作に置かれたカメとタダ傘。由緒あるカメの複製品らしい。

f:id:win2tokyo:20161011103855j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103859j:plain

 二の丸から天守を見る。

f:id:win2tokyo:20161011103910j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103916j:plain

 入園して天守を見る。えらいもんで、入園した方が見やすくなっている。

f:id:win2tokyo:20161011103925j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103931j:plain

 天守から岩木山方向。

f:id:win2tokyo:20161011103938j:plain

 天守から出て、写真スポットへ。岩木山は真っ赤だが、携帯カメラだとこんなもんですか…

f:id:win2tokyo:20161011103949j:plain

f:id:win2tokyo:20161011103953j:plain

 北の郭の方へ。武徳殿は休憩所。

f:id:win2tokyo:20161011104003j:plain

f:id:win2tokyo:20161011104006j:plain

 イチョウの落葉が舞う。

f:id:win2tokyo:20161011104009j:plain

 西濠沿いの桜のトンネル。

f:id:win2tokyo:20161011104013j:plain

■ スタンプ

 天守内の弘前城史料館でもらう。

■ 情報

城址開園時間 9:00~17:00
城址入館料 300円310円、冬の期間と上記時間外はタダ
城址駐車代 タダ?
道順 弘前公園へは迷わずいける。
日付 2009/10/21
旅程 弘前弘前城→秋田

■ 追記(2016-10-11)

 入園料が変更になっています。

www.hirosakipark.jp