読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第07 多賀城

"通信販売"

■ 概要

 724年、国府・政庁として多賀城が置かれる。900メートル四方の大垣に囲まれ、蝦夷の押さえとした。

■ 駐車場

 多賀城市内のはずれのちょっとわかりにくいところ。しかし青看板通り進めば難なく到着。砂利なので若干止めにくいですが。最近(と言っても2001年)にできたJR「国府多賀城駅」のそば

f:id:win2tokyo:20161012232559j:plain

 

■ 見て回る

 近世城郭とは趣を異にする遺跡。メインストリート。

f:id:win2tokyo:20161012232606j:plain

f:id:win2tokyo:20161012232641j:plain

 登っていくと、ふっと開けた土地に出る

f:id:win2tokyo:20161012232647j:plain

 正殿跡

f:id:win2tokyo:20161012232712j:plain

 当時の景色はどうだったのであろうか

f:id:win2tokyo:20161012232726j:plain

 スタンプは多賀城市埋蔵文化財調査センターにある。調査センターは多賀城市文化センター内にある。駐車場はセンターの向かい側

f:id:win2tokyo:20161012232742j:plain

f:id:win2tokyo:20161012232755j:plain

 「文化センター」って、どうも通信販売を思い出してしまう。
 (^-^;♪仙台022~

f:id:win2tokyo:20161012232759j:plain

 立派なハコ。2階常設展示室の受付にスタンプがある

f:id:win2tokyo:20161012232804j:plain

■ スタンプ

 多賀城市文化センター内の、多賀城市埋蔵文化財調査センターの、受付

 またはJR東北本線国府多賀城駅構内(改札を出て北側出口手前の公衆電話の脇)

■ 情報

城址開園時間 閉園なし。実質的には昼間だけ
城址入館料 タダ
城址駐車代 タダ
文化センター開館時間 9:00~16:30。入場は ~16:00
毎週月曜(祝日を除く)、祝日の翌日(土・日を除く)、年末年始は休み
文化センター入館料 タダ
文化センター駐車代 タダ
道順 城址・センターとも、R45 から看板どおり
日付 2009/9/13
旅程 福島西IC→山形城→仙台城多賀城多賀城

■ 追記(2016-10-09)

 2009年訪問時もあったのかどうかわかりませんが、スタンプは国府多賀城駅構内にもあるようです。また埋蔵文化財調査センターの休館日を追記しました。

多賀城跡|多賀城市観光協会|多賀城市観光協会