第35 金沢城

"目指せ世界遺産"

■ 概要

 一向宗本願寺の城造りの寺院尾山御坊として建立される。その後前田利家・利長が入る。明治に陸軍司令部、戦後金沢大学として使われた後、1995年に大学が移転、96年に石川県が国から取得し、公園整備開始。兼六園との一帯を世界遺産に登録しようと運動している。

■ 駐車場

 城の周りをぐるぐる回ってしまう。黒門口に停めたが良いんだろか。

f:id:win2tokyo:20161031203740j:plain

f:id:win2tokyo:20161031203752j:plain

 いいらしい。

f:id:win2tokyo:20161031203812j:plain

 

■ 見て回る

 大手掘。

f:id:win2tokyo:20161031203828j:plain

 広大な敷地。駐輪場が意外と多い。

f:id:win2tokyo:20161031203852j:plain

f:id:win2tokyo:20161031203900j:plain

 新丸広場。奥は河北門復元中

f:id:win2tokyo:20161031203919j:plain

f:id:win2tokyo:20161031203927j:plain

 土橋門石垣。切り込みハギで、六角形の石は水に親しむ亀を表し、防火の願いがこめられているという

f:id:win2tokyo:20161031203943j:plain

f:id:win2tokyo:20161031203949j:plain

 管理事務所。スタンプはない。多言語対応のパンフレット。目指せ世界遺産

f:id:win2tokyo:20161031204010j:plain

f:id:win2tokyo:20161031204020j:plain

 二の丸広場に出た。五十間長屋方面。

f:id:win2tokyo:20161031204044j:plain

 こちらは三十間長屋。江戸時代に再建されたもの。

f:id:win2tokyo:20161031204100j:plain

 本丸の方へ。鉄門石垣

f:id:win2tokyo:20161031204115j:plain

f:id:win2tokyo:20161031204153j:plain

 戌亥櫓とそこから見た五十間長屋。

f:id:win2tokyo:20161031204217j:plain

f:id:win2tokyo:20161031204226j:plain

 本丸。うっそうとしてますな。

f:id:win2tokyo:20161031204242j:plain

f:id:win2tokyo:20161031204305j:plain

 丑寅

f:id:win2tokyo:20161031204317j:plain

■ スタンプ

 二の丸案内所でもらう。

■ 情報

城址開園時間 7:00~18:00.冬季は8:00~17:00。五十間長屋などは9:00~16:30
城址入館料 五十間長屋などは300円 310円
城址駐車代 タダ
道順 R8もしくは山側環状から市街へ、兼六園方面。黒門口といもり坂口に駐輪場がある。
日付 2009/9/2
旅程 高岡→七尾城→高岡城金沢城→美川泊

■ 追記(2016-10-31)

 2015年に橋爪門二の門と枡形二重塀が復元されました。また料金が改定されていましたので修正しました。

金沢城公園

ご利用案内 | 金沢城と兼六園