読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第57 篠山城

100名城-近畿

"歴史博士"

■ 概要

 家康の命で松平康重が築城。高石垣で堅固に囲われ、天守は作られなかった。二の丸にあった大書院は昭和19年焼失するも、平成12年に再建。

■ 駐車場

 北側に入っていくと、車用駐車場の脇にあった

f:id:win2tokyo:20161115202534j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202548j:plain

 無料

f:id:win2tokyo:20161115202606j:plain

 

■ 見て回る

 堀を渡って中へ

f:id:win2tokyo:20161115202625j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202641j:plain

 鉄門跡

f:id:win2tokyo:20161115202653j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202705j:plain

 二の丸へ至る最後の門の跡です。絵図によると

櫓門形式の門があり、呼び名の通り門扉には鉄板が張られていたのではないかと考えられます。発掘調査の結果、門跡は廃城後に1.5m埋められていましたが、土を取り除いたところで、門跡の範囲を示す敷石と階段跡などの遺稿が発見されました

だそうです

f:id:win2tokyo:20161115202748j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202800j:plain

 鉄門跡をすぎると大書院

f:id:win2tokyo:20161115202816j:plain

 中に入ると模型や

f:id:win2tokyo:20161115202832j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202842j:plain

 まさに書院が。

f:id:win2tokyo:20161115202854j:plain

f:id:win2tokyo:20161115202902j:plain

 何のイベントか分からないが丹波篠山4館めぐりワークシートチャレンジ歴史博士の「ヒント」が

f:id:win2tokyo:20161115202925j:plain

 二の丸庭園のほうへ

f:id:win2tokyo:20161115202935j:plain

 地面に地図が書いてあるパターン

f:id:win2tokyo:20161115202951j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203000j:plain

 こちらは埋門跡。なるほど埋まっている

f:id:win2tokyo:20161115203011j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203021j:plain

 本丸跡は神社になっている

f:id:win2tokyo:20161115203104j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203112j:plain

 神社の脇に天守

f:id:win2tokyo:20161115203126j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203132j:plain

 堀と石垣の美しい城だが周りは学校や駐車場

f:id:win2tokyo:20161115203149j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203156j:plain

 戻ってきた。今回の旅は終了

f:id:win2tokyo:20161115203209j:plain

f:id:win2tokyo:20161115203215j:plain

■ スタンプ

 大書院受付でもらう。

■ 情報

城址開園時間 閉園なし
城址入館料 タダ
大書院開館時間 AM9:00~PM4:30、月曜、12/25~1/1休み
大書院入館料 400円
城址駐車代 タダ
道順 丹南篠山口IC から市役所方面
日付 2011/5/6
旅程 城崎温泉竹田城篠山城→篠山泊