第59 姫路城

"改修"

■ 概要

 南北朝時代の赤松氏の築城とされる。戦国時代に城主となった池田輝政によって改修、その後も明治昭和(太平洋戦争を挟んで行われた)改修を経て現在に至る。一度解体して修復した昭和の大改修から45年、平成の改修が本格的に始まろうとしている。世界遺産・国宝現存12天守の一。

■ 駐車場

 姫路市の改修前観光客対策によると、改修工事前までは正面登閣口前の家老屋敷跡公園が駐輪場。あった。無料。

f:id:win2tokyo:20161115205029j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205041j:plain

 

■ 見て回る

 クレーンが迫ってきている。

f:id:win2tokyo:20161115205059j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205105j:plain

 城には桜。

f:id:win2tokyo:20161115205122j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205133j:plain

 正面登閣口で入場券を買って入る。内部は複雑なつくりで有名

 菱の門。

f:id:win2tokyo:20161115205148j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205156j:plain

 二の丸の石垣。

f:id:win2tokyo:20161115205213j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205220j:plain

 まあゆっくり見る感じではない

f:id:win2tokyo:20161115205238j:plain

 1時間半ほどで天守閣の6階へ床が抜けないだろか

f:id:win2tokyo:20161115205248j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205256j:plain

 景色はまずまず。工事用足場が。昭和に改修したとはいえ基本設計が戦国時代のものと考えるとすごいものだ

f:id:win2tokyo:20161115205311j:plain

f:id:win2tokyo:20161115205318j:plain

 城を見に行ったのか、花を見に行ったのか、人を見に行ったのか

f:id:win2tokyo:20161115205330j:plain

■ スタンプ

 正面登閣口横事務所でもらう。

■ 情報

城址開園時間 9:00~17:00(16:00まで入城可)、夏季は~18:00(17:00まで入城可)。2010/3/20~4/11は8:00開城
城址入館料 600円。改修時は安くなる予定。1000円
城址駐車代

タダ。ただし改修前の家老屋敷跡公園。普段はバイクの駐車場は全く無い模様。(駐輪場は原付のみ)

「大手前公園地下駐車場」にバイク駐車場有。500円。

道順 姫路バイパスから姫路市街方面、R2の大手前を曲がってすぐ
日付 2010/4/4
旅程 明石→姫路城→明石城→新大阪

■ 追記(2016/11/15)

 平成の大改修が終わり、入場料などが変更になりました。