読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第67 津山城

"これは何やぐら?"

■ 概要

 1440年ごろ山名教清が鶴山に鶴山城を築く。応仁の乱で一旦廃城となった後、江戸時代はじめに津山藩ができ森忠政が入ると、現在見られる津山城建設が始まり、大規模城郭となった。三大平山城の一つ。

■ 駐車場

 津山文化センターの駐車場に停める。

f:id:win2tokyo:20161118133442j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133451j:plain

 

■ 見て回る

 こちら側は裏門らしい。こちらからもGW中は入れる。

f:id:win2tokyo:20161118133503j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133509j:plain

 入ると急勾配

f:id:win2tokyo:20161118133537j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133544j:plain

 はい。

f:id:win2tokyo:20161118133602j:plain

 写真にすると荒れた雰囲気になるが整備された石段を登る

f:id:win2tokyo:20161118133622j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133629j:plain

 現在建物はほとんどないが大規模城郭跡だけありなかなかの広さ

f:id:win2tokyo:20161118133651j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133701j:plain

 本丸に続く裏鉄門跡

f:id:win2tokyo:20161118133721j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133730j:plain

 本丸エリアに到着。栗積櫓跡へ

f:id:win2tokyo:20161118133744j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133753j:plain

 津山市街が一望

f:id:win2tokyo:20161118133812j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133822j:plain

 2005年に復元された備中櫓へ

f:id:win2tokyo:20161118133845j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133854j:plain

 中は展示品など。スタンプもここで

f:id:win2tokyo:20161118133921j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133928j:plain

 天守台の方へ

f:id:win2tokyo:20161118133939j:plain

f:id:win2tokyo:20161118133946j:plain

 天守台からの市街地と備中櫓

f:id:win2tokyo:20161118134007j:plain

f:id:win2tokyo:20161118134015j:plain

 こちらは腰巻櫓跡。パンフレットには載っていないような遺跡がたくさんある

f:id:win2tokyo:20161118134030j:plain

■ スタンプ

 備中櫓でもらう。

■ 情報

城址開園時間 AM8:40~PM7:00(5月~9月)、~PM5;00(10月~4月)。4月のさくらまつり期間はAM7:30~PM10:00
城址入館料 300円
城址駐車代 無料
道順 津山市街へ、津山文化センター方面へ上がっていく
日付 2011/5/4
旅程 倉敷丸亀城備中松山城津山城倉敷