第68 備中松山城

"道は彼に聞け"

■ 概要

 1240年に秋庭三郎重信が砦を築いたのが始まりとされる。戦国時代は三村元親により臥牛山全体が巨大要塞となった。日本三大山城の一。

■ 駐車場

 細い道を登っていくと城見橋公園に駐車場がありそこへ停める。

f:id:win2tokyo:20161118134731j:plain

f:id:win2tokyo:20161118134739j:plain

 

■ 見て回る

 このバスで「ふいご峠」まで登っていくらしい。往復300円。5分くらい。

f:id:win2tokyo:20161118134808j:plain

f:id:win2tokyo:20161118134814j:plain

 GW でかなりの賑わい

f:id:win2tokyo:20161118135040j:plain

 めったにない混雑に麓の誘導員さんもテンパリ気味。大声で指示していると思えば、販売している赤飯用の割り箸を同僚に取ってきてもらったりと、この旅一番のナイスキャラ。

f:id:win2tokyo:20161118135135j:plain

 0.9車線みたいな道をバスで5分。ふいご峠到着。

f:id:win2tokyo:20161118135224j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135234j:plain

 大体の地図を頭に入れて出発。もっとも、一本道ではある。

f:id:win2tokyo:20161118135246j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135255j:plain

 100m 間隔でこの小さい看板がある。峠からは 700m。

f:id:win2tokyo:20161118135318j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135327j:plain

 これだけの山の中にこんなに人がいるのは確かに GW ならではの光景

f:id:win2tokyo:20161118135528j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135536j:plain

 200m きた。まだまだ登り

f:id:win2tokyo:20161118135609j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135619j:plain

 大手門まできた。「不安定岩盤斜面監視システム」なるものが

f:id:win2tokyo:20161118135640j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135654j:plain

 石垣に木が生えて成長し、崩落の危険性があるとのこと

f:id:win2tokyo:20161118135720j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135735j:plain

 大手門から中へ。土塀は三の平櫓東土塀という現存土塀。

f:id:win2tokyo:20161118135801j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135813j:plain

 険しい山中に石垣

f:id:win2tokyo:20161118135838j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135853j:plain

 二の丸に到着階段の途中に窓口。本丸エリアが有料

f:id:win2tokyo:20161118135912j:plain

f:id:win2tokyo:20161118135922j:plain

 窓口でスタンプをもらって中へ現存天守としては小ぶりだが、平城に無い重厚な面持ち天守の中には囲炉裏があり、古民家のような感じ

f:id:win2tokyo:20161118140027j:plain

f:id:win2tokyo:20161118140037j:plain

 帰りもバスで駐車場へ。往復1時間半。

f:id:win2tokyo:20161118135941j:plain

■ スタンプ

 本丸の窓口でもらう

■ 情報

城址開園時間 実質は晴れた昼間のみ
本丸開館時間 AM9:00~PM5:30、10月から3月は~PM4:30、年末年始休み
本丸入館料 300円
駐車場-ふいご峠バス 往復300円。土日以外はふいご峠まで車で行ける。
城址駐車代 タダ
道順 岡山道賀陽IC からループ橋を降りて高梁市街へ、高梁高校から登っていく
日付 2011/5/4
旅程 倉敷丸亀城備中松山城津山城倉敷