読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

第82 大洲城

100名城-四国

■ 概要

 鎌倉時代に伊予宇都宮氏によって築城された地蔵ヶ岳城が始まり。戦国時代末期には藤堂高虎脇坂安治が入り近世城郭とした。現在の天守は平成16年に再建されたもの。

■ 駐車場

 大洲郵便局、市民会館のほうへ。看板有

f:id:win2tokyo:20161119173647j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173654j:plain

 四国の駐禁は「2輪は除く」のところが多い。

f:id:win2tokyo:20161119173707j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173710j:plain

 

■ 見て回る

 市民会館の前に看板

f:id:win2tokyo:20161119173728j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173732j:plain

 坂を上っていくと早速天守が見える

f:id:win2tokyo:20161119173744j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173748j:plain

 こちらは天守閣の敷石

f:id:win2tokyo:20161119173808j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173811j:plain

 御門番長屋。門番がつめていた長屋。そのままですが。

f:id:win2tokyo:20161119173826j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173829j:plain

 天守までもうすぐ

f:id:win2tokyo:20161119173849j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173852j:plain

 天守前広場についたこれだけの建造物が当時の技法で、木造で、市民の募金でできるとは...

f:id:win2tokyo:20161119173908j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173911j:plain

 天守内部へ。内部の大きな吹き抜け

f:id:win2tokyo:20161119173928j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173932j:plain

 最上階。牧歌的雰囲気ではある

f:id:win2tokyo:20161119173943j:plain

f:id:win2tokyo:20161119173947j:plain

 再建ではあるが当時のまま作られているのが素晴らしい

f:id:win2tokyo:20161119174004j:plain

 看板などもすべて新しく、新鮮な気持ちになる

f:id:win2tokyo:20161119174016j:plain

f:id:win2tokyo:20161119174021j:plain

■ スタンプ

 天守受付でもらう

■ 情報

天守開館時間 9:00~17:00(入館~16:30)、無休
城址入館料 500円
城址駐車代 タダ
道順 大洲肱南ICから市街地へ、市民会館の前を目指す
日付 2011/9/23
旅程 松山→宇和島城大洲城→徳島泊